急用で遅刻・欠席するときはどうすればいい?

遅刻する時は結婚式場に急いで連絡する

結婚式に参列するのならば、時間通りに来ないといけません。しかし、急用などで遅刻するケースが出てきます。遅刻することが分かった場合は、すぐに結婚式場に連絡を入れてください。開演前であれば、参列する友人に連絡をして結婚式場の担当者に連絡してもらうのもいいです。直接新郎新婦に連絡するのだけは止めてください。
遅れて結婚式場に到着したからと言って、堂々と正面から入るのはダメです。場合によっては結婚式をぶち壊すことになります。結婚式場に到着したら、担当者に到着したことを伝えてください。そうしたら、会場に入るタイミングを示し合せてくれますので、そのタイミングで入場します。御祝儀に関しては結婚式が終わってから、お詫びをしながら新郎新婦の両親に渡してください。

欠席する時は即座に結婚式場に連絡する

急きょ結婚式を欠席する場合についても、即座に結婚式場の担当者に対して欠席する旨の連絡をしてください。新郎新婦は結婚式の当日とても忙しいですので、欠席の連絡を直接伝えるのは止めましょう。大事な連絡を友人を介して連絡してもらうというのもあまりいい印象ではないのでやめた方がいいです。
結婚式が終わった時に改めて新郎新婦にお詫びの連絡をします。その時に欠席理由を聞かれるかもしれません。病気やけがなどであれば素直に伝えても全然構いませんが、身内の不幸であればやむを得ない事情でという感じでぼかすのがいいです。おめでたい席で不祝儀な話題は避けておくべき話題ですので、後日本当の事情を伝えるのが望ましいです。後日改めてお詫びの挨拶をしてから、ご祝儀を渡してください。