招待状はいつまでに返信すべき?

招待状は期日までに返信する

結婚式の招待状は期日が書いてありますので、その期日までに返信することが一般的です。ただし、期日までに返信できないケースもあるでしょう。仕事で行けるかわからないや、結婚式の日に国内いるかが微妙など、返信をしにくいときには本人に一報を入れておくことが大事です。また、予定が確定していないときは、新郎新婦にあらかじめ話をしておきます。席を確保する都合上、待ってもらえるかは新郎新婦次第になるでしょう。自分の都合で振り回すのが嫌なのであれば、断ることも礼儀として間違いではありません。あくまでも結婚式は新郎新婦が主催するものなので、水をさすことはできるだけ避けた方がいいです。たとえ待ってもらえるにしても、期日を決めておくことが大事です。

招待状を期日までに返せないとき

招待状を期日まで返せないのであれば、その旨を伝えておきましょう。ただし、期日までに返信できないのはマナー違反ですので、先に謝っておくことも忘れないことが大事です。また、期日までに返信できないのであれば、いつまでに返信するかを明確に伝えておくことが大切です。相手側としては、返信がないと席をどうするかを決めにくくなります。他に大事なポイントとしては、期日を延ばしてもらったらできるだけ出席することです。期日を延ばしてもらったのに、出席しないのでは延ばす必要がないからです。他に、結婚式に関しては新郎新婦を尊重して、行動することが重要でしょう。主役は新郎新婦ですので、主役が気分を害することをしない方がいいです。