招待状の返信ハガキの書き方は?

招待状の返信の出し方

結婚式の招待状の返信は、基本的には早いほど良いとされます。結婚式に参加するのであれば、遅くとも1週間以内に返信するのがマナーです。相手側にとっては、なるべく早く参加人数を確定したいと考えているからです。新郎新婦側は招待状の返信が揃った段階で、結婚式場に参加人数を伝えます。式場によっては他の組と重なることもあり、会場スタッフ等の手配をする必要もあります。それ故、返信が遅れると色々な関係者に迷惑をかける可能性があります。口頭やSNSなどで参加意思を伝えていても、招待状の返信が正式な約束となります。一方、結婚式に参加できない場合は、直ぐに返信しない方が良いとされます。都合をつけようとした態度を表すため、1週間ほど日にちを置いて返信するのがマナーです。

招待状の返信の書き方

招待状の返信には、黒の毛筆か万年筆を使うのがマナーです。ボールペンでも大丈夫ですが、黒インク以外は使わないことです。公式文書には黒文字が使われるように、結婚式関連の文書も黒が相応しいとされます。同様に、書き損じた場合にも、公式文書にならって二重線で訂正するのが適切です。線を引く際にも、必ず定規を使いたいものです。また、返信に添えて各文章についても、「、」や「。」は使わないのが慣例になっています。これらには「区切り」や「終わり」の意味が含まれるため、縁起が悪いとされています。但し、長めの挨拶になってしまう場合は、この限りでないとされます。新郎新婦との関係性で、臨機応変に判断するのが良いと言えます。そして、返信の宛先にある「行」や「宛」は、「様」に修正するのがマナーです。