結婚式にふさわしい服装は?

大事な催しであることを忘れず

結婚式は、結婚するカップルにとって一生涯に一度の一大イベントです。結婚式及び披露宴に招待された場合は、もちろんお祝い事ですからとても喜ばしいことですが、羽根を広げすぎてハメを外すことは避けるべきことです。カップルや友人知人全員にとって良い思い出になるように、一定の節度を持って臨むべきです。 服装も考慮するべきポイントの一つです。良縁あって結ばれるカップルの誓約に立ち会うという神聖なイベントですから、それ相応の服装をしていかないといけません。祝い事だからといって華美すぎる格好は、印象がとても悪くなります。男女ともフォーマルな服装で統一し、履物も色あせや汚れを十分にきれいにするなど、周りに悪い印象を与えないようにしましょう。

主役を引き立たせることが重要

中には、気心知れた友人の結婚式だからと、服装や髪型などを個性的で奇抜なものにする方も見受けられます。確かに、友人同士の間柄では楽しくていいかもしれませんが、結婚式や披露宴には友人関係以外にもたくさんのゲストが来ます。特に注意するべきは、親類関係の方々に悪い印象を与えないようにしないといけません。中でも結婚するカップルのご両親にとっては、長年育ててきた子供たちの晴れ舞台ですから、とても楽しみにして参加されます。十分に配慮をして準備をする必要があります。結婚式の後に二次会を開催するケースも多いので、ハメを外して楽しみたいと考えている方は、二次会で思い切り楽しむ方が全体的にトラブルなく過ごすことができます。